北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

カテゴリ:ヨガ英単語帳etc

  • ヒーリングブルー
    [ 2006-06-05 23:27 ]
  • ヨガ英単語第2弾
    [ 2006-03-05 18:17 ]
  • ヨガ英単語帳
    [ 2005-06-12 23:58 ]
  • ヨガと英語
    [ 2005-05-17 23:42 ]

ヒーリングブルー

ジャスミン先生のクラスでよく耳にするけど、それが何を意味するのか、ずーと分からない単語がありました。
それが「ヒーリングブルー」。なにかの例えで使うので、分からなくても問題はないけど、とっても気にかかっていました。今までクラスに出ている何人かに聞いたのですが、分からなかったのです。なぞのまま、約1年がすぎ、先週ようやくその答えが分かりました。アシスタントをしてくれている日系の女性に聞いたら、「Oh, it's フウセン」と日本語で答えが返ってきました。「ほら、空に浮く風船。ヘ・リ・ウ・ム バ・ル・ウ・ン」。

なるほどお、"Helium balloon" だったのですね。いやあ、すっきり。

風船のように胸を上に上げて、骨盤は風船の先についている糸の取っ手のように、どっしりと重しになるってことだったんですねえ。

一つの単語を理解するのに1年かかる自分が、けっこう気に入っている今日この頃です。
皆さん、ヘリウム入り風船を英語で言う時の発音は、是非「ヒーリン・ブルー」でどうぞ。


■  [PR]

by sakura_us | 2006-06-05 23:27 | ヨガ英単語帳etc

ヨガ英単語第2弾

ご好評(?)につき、ヨガ英単語第2弾です。第1弾はこちらです。
思いつくまま書いていったら、見にくくなってしまいました。
間違いなどがありましたら、ご指摘お願いします。

痛みに関するもの
ache ------------------------------- (長く続く)痛み
asleep ----------------------------- 痺れる 
chronic pain ---------------------- 慢性的な痛み
have a leg cramp ---------------- 足をつった
Charlie horse --------------------- 足をつった
dizzy -------------------------------- めまいがする
dull pain --------------------------- 鈍痛
jam one's finger ----------------- 突き指をする
light headed ----------------------- 頭がくらくらする
numb -------------------------------- 麻痺
pins and needles ----------------- 痺れ
sharp pain ------------------------- するどい痛み、きりきりとした痛み
sore ---------------------------------- 炎症
throb --------------------------------- ずきずきする 頭痛など
have a torn muscle ---------------- 肉離れを起こす

rejuvenate ------------------------- 元気を回復させる 活性化させる
strenuous -------------------------- 活発な 精力的な 努力を要する
vigorous ---------------------------- 活発な 活気のある 力強い
vulnerable -------------------------- 脆弱な もろい 弱い

on one's cycle ---------------------- 生理
ladies' holiday --------------------- 生理
menstruation ----------------------- 生理
on one's period-------------------- 生理

体の部位
cervical vertebrae ------------------ 頚椎
coccyx -------------------------------- 尾骨
fingertips ---------------------------- 指先
hamstring ---------------------------- 膝腱 膝の後ろのところにある太い腱
joints --------------------------------- 関節
lumbar vertebrae ------------------- 腰椎
nostrils ------------------------------- 鼻孔
scapulae ----------------------------- 肩甲骨
thoracic vertebrae ----------------- 胸椎

動作
fold ------------------------------------ 折りたたむ
hover --------------------------------- 覆い被さる
hunch --------------------------------- 背中を丸める
hyper extend ----------------------- 過度にまっすぐにする
jut forward ------------------------- 突き出す
pike down --------------------------- ゆっくりと徐々に降りる
sag------------------------------------ 垂れ下がる たわむ
scoot down ------------------------- ずれる
slouch -------------------------------- 猫背になる
wiggle -------------------------------- 小刻みに揺れる、プルプル震える

その他
flexible ------------------------------- 柔軟な
horizontal --------------------------- 水平な
inversion ----------------------------- 逆になること
foundation --------------------------- 基礎、基盤
rectangle ----------------------------- 長方形
vertical -------------------------------- 垂直な
■  [PR]

by sakura_us | 2006-03-05 18:17 | ヨガ英単語帳etc

ヨガ英単語帳

コメントを下さった、今週L.A.にヨガをし(?)にいらっしゃるamyさんを始め、何人かの方から英語でヨガをやることへの不安を聞きます。ヨガには興味があるけれど、英語圏でヨガをやる時、英語が出来ないのにヨガについていかれるか、先生や他の生徒さんに迷惑をかけてしまうのではないか、心配なさる方が大勢いらっしゃるようです。

私は、英語が出来なくても、とにかく参加することを勧めます。以前も書きましたが、母国語ではないからこそ、英語の聞き取りに必死になって、先生の言葉の一つ一つに集中でき、結果として、ヨガに集中しやすくなるという利点もあるのです。
ヨガの先生はたいてい、ゆっくりとした英語で分かりやすく話してくださる方が多いし、分かっていないようだと判断したら、そばに来て手でアジャストしてくださったり、同じポーズをして教えて下さったりします。分からなかったら、周りの人の様子を見ることができますしね。私は、最初の頃はクラスの真ん中に陣取りました。どちらを向いても前と横と後ろに人がいるように!

ただ、やはり、英単語を分かった方が、アジャストされた時、理解しやすいし、より面白いのは間違いがありません。そこで、以前、友人のために作ったヨガ英単語帳なるものを公開します。
これだけ飛行機の中で覚えておけば、随分理解できるのではないかと思います。またヨガのレッスンの後にあれってどういう意味だったんだろう?と思った時、確認する意味でお役に立てれば嬉しいです。

ヨガ英単語帳
■  [PR]

by sakura_us | 2005-06-12 23:58 | ヨガ英単語帳etc

ヨガと英語

週末、ハタヨガのJasmine先生のレッスンを受けてきました。私はこの先生大好き。おそらく先生が独自に研究されている動きなどもあり、とてもクリエイティヴなクラスです。怪我をしている人も多く出るこのクラス、非常にゆっくりした動きのものが多く、激しい動作をしているわけではないのに、家に帰るとなぜか必ず眠くなってしまいます。単に休日の午前中にやるから気が抜けているだけかしら。

今回は、かなりしっかり呼吸法をしてから、太腿の筋肉を鍛えかつ柔らかくする動きを寝転がったポーズと壁の助けを使ってと二通りしました。膝に問題がある人は、太腿の筋肉が硬いのが関係しているそうですね。今日は膝に問題がある人が多かったので、特にゆっくり、集中してやったように思います。その後、太腿の前の筋肉を収縮させる動きを徹底してやりました。壁を背に向けて立ち、足は少し壁から離し、壁に背をつけ、膝を軽く曲げます。で、先生が太腿の前の筋肉を収縮させて、とおっしゃいます。ところが、この「収縮する」という単語が“contract”って言うんですよね。契約という意味ばかり思い出してしまうこの単語、自分のやっていることが正しいのか、しばらくは確信が付かず不安でした。この先生のレッスン、「○○の筋肉を動かして」など、傍から見ると、なにもやっていないように見えることが多いのですね。だから、他の人の真似できなくて、しかもひとつの動きに時間をかけるものだから1回分からない単語がでるとしばらく「なにをすればいいんだろう、合っているのだろうか」という不安の中で過ごすことになります。

そして、英語をもっと勉強しなくっちゃ、という気持ちになります。
ヨガを始めてから体の部位を随分覚えました。「脇の下」「向う脛」「足の甲」「骨盤」「膝小僧」けっこう、日頃使いそうで、体の部位の名称って使わないんですよね。今度は、筋肉の名称を覚えなくては、と体の部位に関するいい本を探し中です。
(上の英単語はarmpit, shin, instep, pelvis, kneecapです。)
ヨガをやり始めてから単語量が俄然増えました。また、集中力の練習にもなり、聞き取り能力が鍛えられています。嬉しいことです。
■  [PR]

by sakura_us | 2005-05-17 23:42 | ヨガ英単語帳etc